北川景子が神戸の整形外科医に目頭切開と鼻を整形してもらった!?

サト子さん
サト子さん

北川景子、美しくて憧れるわ~。

ルミ子さん
ルミ子さん

でも、あの子は整形疑惑があるわよね。

 

 

北川景子が整形外科で整形!?どこをやったの…?

 

美人の代名詞と言っても過言ではない北川景子さん。「北川景子のような顔になりたい」と思っている女性は多いのではないでしょうか?

 

北川景子が整形外科で整形!?どこをやったの…?

 

しかし、そんな北川景子に整形疑惑があるのです。この噂は本当なのでしょうか?

 

北川景子さんの高校時代の卒業アルバムを見てみましょう。

 

北川景子が整形外科で整形!?どこをやったの…?

 

これは…本当に北川景子?というレベルで違いますね(笑)

 

一番目立つところはやっぱり目ですね。唇も今のようなポッテリとしたセクシーな唇ではありません。鼻は…横を向いてみないと分かりません。

 

北川景子は整形外科で目頭切開をした?

 

デビューしたての頃の北川景子さんは奥二重気味で末広型の二重まぶたでした。

 

北川景子は整形外科で目頭切開をした?

 

それが現在の北川景子さんの目は平行の二重まぶたです。目がパッチリして一気に美人度が増しましたね。

 

北川景子は整形外科で目頭切開をした?

 

北川景子さんはやっぱり目頭切開をしたのでしょうか?

 

最近はメイクの技術が進歩していて、整形なしでも整形級に可愛くなれます。「それを言ったら整形を見極められないじゃん!」という声が聞こえて来そうですね。

 

しかし、北川景子さんはすっぴん画像が流出しているので、これで整形しているかどうか判断できます。下の画像が北川景子さんのすっぴんです。

 

北川景子は整形外科で目頭切開をした?

 

メイクをしなくてもきれいな平行の二重まぶたですね。よって、北川景子さんは目の整形をしている可能性が高いと言えそうです。

 

平行の二重まぶたにする整形には埋没法の手術と目頭切開手術があります。北川景子さんは元々奥二重で末広型の二重まぶただったので、蒙古ひだがあったはずです。蒙古ひだとはモンゴロイド特有の物で東アジア人が蒙古ひだを持っている事が多いのです。この蒙古ひだがあると一重だったり、末広型の二重まぶたになってしまう事が多いです。

 

蒙古ひだがある人が埋没法で平行の二重まぶたにしても、不自然な線が残ってしまいます。なので、蒙古ひだがある人は目頭切開手術の方がいいと思います。きっと北川景子さんも目頭切開でしょう。

 

目頭切開については下の記事に詳しく書いておきました。

 

 

北川景子は整形外科で鼻の整形をしている…?

 

北川景子さんと言えば、あのツンと整ったきれいな鼻。その鼻も整形疑惑があります。

 

まずはデビューして間もない頃の北川景子さん

 

北川景子は整形外科で鼻の整形をしている…?

 

次に現在の北川景子さん

 

北川景子は整形外科で鼻の整形をしている…?

 

やっぱり鼻が高くなっている気がしますね。鼻を高くするには鼻筋にプロテーゼという医療用の人工軟骨を入れるのが一般的です。

 

 

正直、鼻の整形は一番バレやすいので担当の整形外科医の腕が試されます。もし鼻の整形をする予定があるなら、口コミや評判なんかもキチンと見て慎重に決めましょう。

 

 

北川景子は整形外科で唇の整形をしている?

 

これがデビュー当初の北川景子さんで

 

北川景子は整形外科で唇の整形をしている?

 

こっちが現在の北川景子さんです。

 

北川景子は整形外科で唇の整形をしている?

 

下唇がふっくらした印象がありますね。これはヒアルロン酸注入によって唇に厚みを出した可能性があります。

 

ヒアルロン酸は半年ほどかけて身体に吸収されるため、期間限定ですが副作用が出る恐れが少ないプチ整形として人気です。安全で気軽に出来ますが、やり過ぎは禁物です。

 

あまりヒアルロン酸を入れ過ぎると、入れた箇所の皮が伸びてしまい、ヒアルロン酸が吸収された後、その部分がたるんでしまいます。そのたるんだ部分をカバーしようとまたヒアルロン酸を打つといった悪循環に陥ってしまい、整形依存症になってしまう女性も少なくありません。

 

 

北川景子を担当している整形外科医は神戸の医師?

 

北川景子を担当している整形外科医は神戸の医師?

 

北川景子さんの整形を担当している医師は神戸の整形外科医だという噂がありますが、この噂はウソなようです。そもそも、北川景子さんが整形をしたかどうかも100%ではありません。

 

もし、整形をしていたとしても高須クリニックなど、業界と繋がりがある整形外科やクリニックでやってるでしょう。

コメント

  1. […] […]

error: Content is protected !!